こんにちは、宅地建物取引士の宅男です。

さて、早速ですがあなたが売却したいマンションの室内は綺麗ですか?
あなたは、立地、広さ、売却価格が同じようなマンションがあった場合に、室内が汚れているマンションと、室内が綺麗なマンションのどちらを購入したいですか?

マンションの購入を考えている人達は、多くのマンションの中から絞って、あなたのマンションの内覧に行っています。
それなのに、<strong><span style=”color: #ff0000; background-color: #ffff00;”>室内が汚れているというだけで購入候補から外れてしまうのは非常にもったいない</span></strong>です。

しかし、室内を綺麗にするためにはハウスクリーニング費用がかかってしまいます。
そのため、ハウスクリーニングを躊躇している人もいるかもしれません。

ここでは、そんなあなたのためにハウスクリーニングの費用や必要性について説明します。

<h2>1、ハウスクリーニングの必要性</h2>
<img class=”size-medium wp-image-567 aligncenter” src=”http://hudousan-uritai.com/wp-content/uploads/2017/04/IMG_2400-300×200.jpg” alt=”” width=”300″ height=”200″ />

車を購入しようと車を下見に行くことを考えて下さい。
車の外はピカピカです。
しかし、車内にゴミが散らかったり、お菓子が散らかったりしています。
このような車を購入したいと思いますか?

マンションの売却も同じです。
建物がどれだけ綺麗でも、室内が綺麗でなければ買いたいと思う人は少ないのです。
そのため、<span style=”color: #ff0000;”>室内は必ず綺麗にしておく必要があります。</span>

しかし、ハウスクリーニングを業者に依頼してまで行う必要はあるのでしょうか?
実は、<span style=”color: #000000;”>室内を綺麗にできればハウスクリーニングを業者に依頼してまで行う必要はありません。</span>

しかし、個人で清掃を行うならば、水垢がついていない、埃や髪の毛が落ちていない状態まで綺麗にする必要があります。
そのため、<span style=”color: #ff0000;”>清掃が苦手な人や、清掃に充分な時間をかけることができない人はハウスクリーニングを業者に依頼して行った方がよい</span>でしょう。
<h2>2、ハウスクリーニング費用について</h2>
<img class=”size-medium wp-image-164 aligncenter” src=”http://hudousan-uritai.com/wp-content/uploads/2017/03/IMG_2294-300×200.jpg” alt=”” width=”300″ height=”200″ />

ハウスクリーニング費用は、間取りや室内の広さによって異なります。
ハウスクリーニングの相場は以下のようになっています。
<ul>
<li>ワンルーム、1K…20,000円〜40,000円</li>
<li>1LDK、2LDK…27,000円~70,000円</li>
<li>3LDK、4LDK…53,000円~85,000円</li>
<li>5LDK以上…65,000円〜</li>
</ul>
こちらに加えて、箇所によって別途ハウスクリーニング費用が必要になることがあります。
<ul>
<li>シンク回り…16,200円~</li>
<li>レンジフード、換気扇…16,000円~</li>
<li>浴室…16,200円~</li>
<li>トイレ…10,200円~</li>
<li>洗面台…10,300円~</li>
<li>エアコン…12,000円~</li>
</ul>
ハウスクリーニング費用は業者によっても異なります。
もし、業者に依頼してこの価格を上回れば、相場より高い業者ということになります。
他の業者へ依頼することを考えた方がよいでしょう。

いずれにしても、数千万で売ることができるかもしれないあなたのマンションです。
それに比べると<span style=”color: #ff0000;”>ハウスクリーニング費用は、些細な費用</span>ということができます。

ハウスクリーニング費用をケチっていつまでも売却できないという状況にならないようにしましょう。
<h3>3、ハウスクリーニングと売却価格の関係</h3>
<img class=”size-medium wp-image-139 aligncenter” src=”http://hudousan-uritai.com/wp-content/uploads/2017/03/IMG_2292-300×200.jpg” alt=”” width=”300″ height=”200″ />

<span style=”color: #ff0000;”>ハウスクリーニングを行っても、マンションの売却価格が高くなるということはありません。</span>
しかし、低くなることもありません。
これは、どういうことなのでしょうか?

例えば、ハウスクリーニングを行わず換気扇は油まみれ、浴室は水垢だらけだったとします。
このように汚れている状態のまま使用したいと思う人は少ないでしょう。

そのため、換気扇や浴室の「交換を行いたい」と、買主より交換費用の値引き交渉が入ることがあります。
クリーニングを行っていないことにより、交換費用の値引きに応じる必要が出てくるでしょう。

しかし、ハウスクリーニングを行っていて換気扇も浴室も綺麗な状態の場合には、「交換を行いたい」と思う買主はあまりいません。

もし、交換費用の値引き交渉が入ったとしても、「こちらとしては綺麗にしているので、そちらで行って下さい」と主張することができます。

このように、<strong><span style=”color: #ff0000; background-color: #ffff00;”>マンションの価値を落とさないためにも、ハウスクリーニングは必要</span></strong>なのです。
<h2>4、ハウスクリーニングと不動産会社の関係</h2>
<img class=”size-medium wp-image-620 aligncenter” src=”http://hudousan-uritai.com/wp-content/uploads/2017/04/IMG_2433-300×200.jpg” alt=”” width=”300″ height=”200″ />

ハウスクリーニングを行っているマンションと行っていないマンションでは、不動産会社の対応も変わります。
不動産会社もできるだけお客さんに気に入ってもらえるマンションを紹介したいと思って行動しています。

そのため、不動産会社としても取り扱っているマンションに対して、お客さんが気に入ってくれそうな順に順番を付けています。
そして、お客さんの希望に合わせて上位の順位のものより案内をします。

もし、<span style=”color: #ff0000;”>ハウスクリーニングを行っておらず室内が汚い場合には、不動産会社が付けている順位は低い</span>でしょう。
なぜならば、お客さんを内覧に連れて行っても室内が汚いため、お客さんに気に入ってもらえないです。

このように、ハウスクリーニングを行っていないマンションの場合には、<strong><span style=”color: #ff0000; background-color: #ffff00;”>不動産会社も積極的にマンションの紹介をしなくなってしまい、いつまでも売れ残ってしまう</span></strong>でしょう。
<h2>5、ハウスクリーニングとリフォームについて</h2>
<img class=”size-medium wp-image-612 aligncenter” src=”http://hudousan-uritai.com/wp-content/uploads/2017/04/IMG_2412-300×200.jpg” alt=”” width=”300″ height=”200″ />

ここまでで、ハウスクリーニングの必要性についてはわかってもらえたはずです。
しかし、室内を綺麗にした方がよいならば、壁紙や床の張替えを行い、リフォームまで行った方がよいのでしょうか?

室内は綺麗な方がよいですが、リフォームまでは必要ありません。
その理由は2つあります。
<h3>5-1、リフォーム費用がかかってしまう</h3>
ハウスクリーニングのみならばそれほど費用はかかりません。
しかし、リフォームまで行ってしまうと100万円程度かかってしまうことも珍しくありません。

それなのに、<span style=”color: #ff0000;”>買主が購入した後に、自分の好みにリフォームを再度行う</span>ということもあります。
これでは、せっかくリフォームにかけた費用が水の泡になってしまいます。

そのため、高額な費用をかけてまでリフォームを行う必要はないのです。
<h3>5-2、逆に売れにくくなる場合もある</h3>
リフォームを行うことにより、逆に売れにくくなることもあります。
なぜならば、壁紙や床などの色や模様の好みは人によって異なります。

リフォームを行ったものの、壁紙や床の色、模様が内覧を行った人の好みに合わず、<strong><span style=”color: #ff0000; background-color: #ffff00;”>マイナスイメージを持たれてしまうこともあります。</span></strong>

これではせっかくのリフォームも無駄になってしまいます。

リフォームにお金をかけずに、リフォーム費用の分だけ少しでも安く売り出した方が、すぐに売却することができるでしょう。

もし、壁紙や床がものすごく汚れていたとしても、張替えまで行わずとも綺麗にする方法はあります。
壁紙や床が剥がれていればそこだけ張り替えるという方法もあります。
<span style=”color: #ff0000;”>一番よい方法をハウスクリーニング業者と相談してみましょう。</span>
<h2>マンションの売却前に行うハウスクリーニングのまとめ</h2>
<img class=”size-medium wp-image-599 aligncenter” src=”http://hudousan-uritai.com/wp-content/uploads/2017/04/IMG_2404-300×200.jpg” alt=”” width=”300″ height=”200″ />

マンションを売却する前に、ハウスクリーニングを行っていないことによるデメリットは3つあります。
<ul>
<li>売れにくくなってしまう</li>
<li>売却価格の値下げ交渉が入る</li>
<li>不動産会社がお客さんへ紹介してくれない</li>
</ul>
以上の理由より、<strong><span style=”color: #ff0000; background-color: #ffff00;”>マンションを売却する前には、ハウスクリーニングを行い、室内を綺麗にしておく</span></strong>必要があります。

また、一度ハウスクリーニングを行っても、しばらく期間が開いてしまうと、室内には埃や汚れが出てきます。
そのため、ハウスクリーニング後も定期的に清掃を行うなど、<strong><span style=”color: #ff0000; background-color: #ffff00;”>常に綺麗な状態を保つこと</span></strong>がマンションの売却へ向けて大切なこととなります。