こんにちは、宅地建物取引士の宅男です。

さて、不動産を売却したいときにインターネットを利用して複数の不動産会社に同時に査定を依頼できるサービスをあなたは知っていますか?

それは、不動産一括査定です。車や引越しの見積もり一括査定のサービスは聞いたことがある人も多いでしょう。同じようなサービスが不動産の売却でも使用できるのです。

不動産一括査定は無料で利用できます。ここで以下のような疑問が出ます。

  • なぜ無料で利用できるのか?
  • 不動産一括査定を利用するメリットとデメリットは?
  • 不動産一括査定はどのようなケースで使用するとよいか?

ここでは、そんなあなたの疑問にお答えします。また、不動産一括査定サイトの一つである「HOME4U」「すまいValue」を紹介します。

1、不動産一括査定を無料で利用できる理由

冒頭でお話ししたとおり不動産一括査定は無料で利用できます。

なぜ無料で利用できるかというと使用料を利用者から取るのではなく、紹介料を不動産会社から取っているからです。

「不動産一括査定の流れ」

【売却希望者】→【一括査定】→【不動産会社A】、【不動産会社B】、【不動産会社C】

このとき、売却希望者を紹介したために不動産一括査定側は各不動産会社A、B、Cより紹介料を取るのです。

このため、不動産一括査定側は売却希望者より使用料を徴収する必要がないのです。

2、不動産一括査定を利用するメリット

では、不動産一括査定を利用するメリットをお教えします。

2-1、不動産を高く売却できる

不動産一括査定を利用することにより不動産を高く売却できます。しかし、なぜ高く不動産を売却できるのでしょうか?

それは、不動産会社同士に競争原理が働くからです。紹介料を不動産一括査定へ支払っているのですから、自分の不動産会社で不動産の売却を請け負いたいと不動産会社は考えています。

そのため、他の不動産会社に負けないように不動産会社はできるだけ高い査定額を提示し、高い金額で売却活動を行なってくれるのです。

2-2、手間が省ける

不動産会社へ不動産売却の依頼を行う際には、通常であれば不動産会社を訪れ不動産の情報を説明しなければなりません。

もし、複数の不動産会社に査定をお願いする場合にはこの行動を何度も繰り返さなければなりません。そうすると、労力と時間を要してしまいます。

しかし、不動産一括査定であればインターネットで複数の不動産会社へ同時に査定を依頼できます。不動産会社を訪れる必要がなく、複数の不動産会社の査定を手に入れることができるのです。

2-3、悪徳不動産会社に出会わない

実は、街の不動産会社の中には悪徳な不動産会社がいます。特に悪徳不動産会社が行う販売方法として代表的な方法が「囲い込み」です。

囲い込みとは、情報の独占です。買主と売主の両方から仲介手数料を取る「両手取引」を行いたいために他の不動産会社へ情報を提供しません。一般消費者のみにしか情報を提供しないのです。

一般消費者のみにしか情報が提供されないために、不動産の売却は遅れてしまいます。その結果、不動産を値下げして売却せざるを得なくなってしまうのです。

不動産一括査定では、このような囲い込みやその他の違法な行為を行う悪徳不動産会社の排除を徹底しています。もし、悪徳不動産会社であることが判明した場合には、不動産一括査定側から提携を打ち切ってしまうのです。

そのため、不動産一括査定と提携している不動産会社に悪徳不動産会社はいないのです。安心して不動産の売却を依頼することができます。

3、不動産一括査定を利用するデメリット

不動産一括査定を利用する上で注意して欲しいデメリットは以下のとおりです。

3-1、査定と売却価格がかけ離れていることがある

あくまでも不動産一括査定で依頼できるのは査定額であり売却価格ではありません。

実際に不動産の売却を依頼したいときには、不動産を見てもらい売却価格を決定する必要があります。

もし、不動産の使用が難しいような状態であれば売却価格は査定額より下がってしまうでしょう。

特に、机上査定のときには注意が必要です。近隣の似たような不動産の取引価格を参考に査定額を出しているだけですから、査定額を完全に鵜呑みにしないようにしましょう。

3-2、対応していないエリアがある

不動産一括査定は全国の不動産会社と提携しています。そのため、全国の不動産の査定を依頼することができます。

しかし、全国の都市部の不動産会社が提携していることが多く、山林などの不動産の情報を入力した場合、査定可能な不動産会社が出てこないことがあります。

この場合には、不動産一括査定を利用できないために、自分で不動産会社を訪れ査定を依頼する必要があります。

3-3、電話連絡が入ることがある

紹介料を支払っているのですから、不動産会社としては何がなんでも不動産の売却の依頼を受けたいと考えています。

そのため、メールでの査定の連絡を希望しているにも関わらず、電話で連絡が入ることがあります。あまりにしつこいと悪徳不動産会社と見なされてしまうために、しつこい営業は行われないでしょう。

しかし、電話での営業が苦手な人にとってはそれだけで嫌な思いをしてしまうかもしれません。

4、不動産一括査定をおすすめしたい人

不動産一括査定の利用を特におすすめしたい人がいます。

それは、相続や転勤により現在の居住地より遠方の不動産を売却したい人です。

なぜ、遠方の不動産を売却する場合に不動産一括査定を利用するとよいのでしょうか?それは、不動産の地元の不動産会社へ査定を依頼することができるからです。

古本屋はどんな本が人気があるか正確に知っています。しかし、どのような家電が人気があるかは正確にはわからないでしょう。

不動産会社も同じです。沖縄の不動産会社であればどの地域の不動産が人気があるのか、ないのかを知っています。しかし、北海道の不動産の情報は正確に把握することはできないでしょう。

そのため、地元の不動産会社へ不動産の査定を依頼しなければ正確な査定を出すことができないのです。

また、肉屋に肉を買いに行ったのに野菜が売っていた場合、買いたいと思いますか?

沖縄の不動産会社で北海道の不動産が売りに出てても購入したいと思う人は少ないでしょう。地元の不動産会社で売りに出ていなければ、買主もいつまでも見つからないのです。

不動産一括査定を利用しない場合、不動産会社を訪れて不動産の査定を依頼しなければなりません。沖縄からわざわざ北海道の不動産会社を訪れる必要があるのです。この場合には、多くの費用、労力、時間が必要となります。

しかし、不動産一括査定は全国の不動産会社と提携しています。そのため、沖縄に居住しながら北海道の不動産を北海道の不動産会社へ査定を依頼できるのです。

5、「HOME4U」がよい理由

数多くの不動産一括査定サイトの中で1番始めにサービスを開始したのが「HOME4U」です。2001年のサービス開始以来、16年の実績があり信頼することができます。

その中でも特に、HOME4Uがよいという理由は何があるのでしょうか?

5-1、NTTデータスマートソーシングが運営

HOME4UはNTTで有名な「NTTデータスマートソーシング」が運営しています。2016年4月に運営母体がNTTデータスマートソーシングに変更になる前は「NTTデータグループ」が運営していました。

NTTデータグループのセキュリティは官公庁や銀行で使用されています。NTTデータスマートソーシングに運営母体が変わってもそのセキュリティ引き継がれており、大切な不動産の情報が他へ漏洩してしまう恐れがありません。

また、NTTデータスマートソーシングはプライバシーマークも取得しています。プライバシーマークとは、審査に合格した個人情報の取扱いについて大切に取り扱う事業者のみが使用できるマークです。

特に個人情報の取扱いに力を入れている不動産一括査定サイトがHOME4Uなのです。

5-2、提携している不動産会社を厳選している

HOME4Uと提携している不動産会社は、約550社です。この数字は、他の不動産一括査定サイトと比べた場合、決して多いものではありません。

しかし、HOME4Uでは提携する不動産会社を厳選しており、特に悪徳不動産会社の排除に力を入れているのです。

もちろん、他の不動産一括査定サイトでも悪徳不動産会社の排除は行なっています。しかし、1,000社以上の不動産会社を完全にチェックすることができるのでしょうか?やはり、難しいと言わざるを得ないでしょう。

そのため、HOME4Uではチェック漏れがないように550社だけを厳選しているのです。HOME4Uと提携できている不動産会社は特に信頼することができるでしょう。

6、「すまいValue」がよい理由

すまいValueは大手6社により運営されている不動産一括査定サイトです。すまいValueを利用した場合には、下記の6社に不動産の情報が一括送信されることとなります。

  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 三菱地所ハウスネット
  • 野村の仲介+(プラス)
  • 三井のリハウス(三井不動産リアルティ)
  • 小田急不動産

誰もが聞いたことがある大手不動産会社ばかりです。2016年10月にサービス開始されたばかりですが、これだけの大手不動産会社に運営されているために実績を心配する必要はないでしょう。

不動産一括査定サイトの中でも特に、すまいValueがよいという理由は何があるのでしょうか?

6-1、宅地保有率が高い

不動産売買の重要事項説明時には宅建(宅地建物取引士)の資格が必要となります。しかし、不動産の査定や売買契約時には宅建の資格は必要ないのです。

そのため、重要事項説明のみ宅建保有者が行い、契約や査定は宅建を保有していない人が行うということも珍しくありません。

宅建の資格を保有している人と保有していない人のどちらに担当して欲しいですか?ほとんどの人が保有者と答えるでしょう。やはり、保有者の方が不動産の知識があり安心することができるでしょう。

すまいValueと提携している不動産会社の営業担当者の宅建保有率は96.5%です。ほとんどの人が宅建を保有しており、高い確率で査定から売却まで宅建保有者に依頼することができるのです。

6-2、手厚いサービスを受けられる

提携している6社の不動産会社に不動産の売却を依頼することにより、無料または有料にて手厚いサービスを受けることができます。

売却を依頼する不動産会社によって受けることができるサービスや無料か有料かは異なりますが、主に受けることができるサービスは以下の通りです。

  • ハウスクリーニング
  • 瑕疵担保保険・保証
  • 敷地調査
  • 住宅診断 など

マンションを売却する際には、綺麗な部屋と汚い部屋では売れやすさに大きく差が出ます。そのため、サービスの中でも、特にハウスクリーニングを無料で受けることができる不動産会社が提携しているのは嬉しいサービスです。

6-3、購入希望者が多い

不動産仲介の「取扱高・仲介件数・手数料収入」ランキングを知っていますか?1位〜5位は以下のとおりです。

  1. 三井のリハウス(三井不動産リアルティ)
  2. 住友不動産販売
  3. 東急リバブル
  4. 野村不動産グループ
  5. 三菱UFJ不動産販売

すまいValueと提携している不動産会社6社の内4社によって1位〜4位までが占められているのです。これらに、残りの2社を加えた場合、2015年度の売買件数は10万件以上となっています。

以上のデータより、すまいValueと提携している不動産会社には購入希望者も集まりやすいことがわかります。そのため、すまいValueと提携している不動産会社に査定から売却まで依頼することにより、早期売却が見込めるのです。

不動産一括査定のまとめ

不動産一括査定は無料で利用できる、インターネットを使った不動産査定のサービスです。不動産一括査定を利用することにより、不動産会社同士の競争原理が働くため高価売却が可能となるでしょう。

また、インターネットを利用するため、不動産会社を訪問する手間や労力も必要ありません。そのため、特に遠方の不動産を売却したい人にはおすすめできるサービスとなります。

不動産一括査定を行うサイトは様々あります。サイトによって不動産一括査定だけではないそのサイトだけの強みや特色があります。是非、あなたにあった不動産一括査定サイトを探してみて下さい。