こんにちは、宅地建物取引士の宅男です。

さて、マンションの売却から売却金額が手に入るまで約3カ月かかると言われています。なぜ、こんなに時間がかかってしまうのでしょうか?

それは、買主の銀行の住宅ローンの審査期間や、引き渡しの準備の期間が必要なためです。マンションの売却では、様々な手続きを順番に踏んでいく必要があるのです。

ここでは、マンションの売却金額が手に入るまでの流れについて説明します。

1、売却の申し込みから売却金額が手に入るまでの流れ

1-1、不動産会社へ売却の申し込みを行う

まずは、不動産会社を訪問することより始まります。不動産会社を訪問し、マンションの売却を考えていることを伝え、マンションの情報を伝えます。

すると、不動産会社がマンションの査定額について調べて連絡してくれます。そして、売り出し価格について不動産会社と相談します。

不動産会社と売り出し価格についてまとまった場合は、媒介契約を締結します。そして、不動産会社は広告を配布したり、不動産の売却情報をインターネットへ登録し、マンションの売却についての情報が拡散されるのです。

1-2、買い付けが入る

不動産会社は、マンションの内見に購入希望者を連れて行ったりと売却活動を行います。しばらく経つと、購入希望者から買い付けが入ったと連絡があります。

しかし、買い付けが入ったとしても値引き交渉などの条件がある場合が多いです。そのため、どこまで譲渡できるか不動産会社と相談を行います。そして、その結果を購入希望者へ伝え、売却の話をまとめていきます。

購入希望者と話がまとまった場合には、購入希望者の住宅ローンの仮審査となります。銀行の住宅ローンの仮審査に購入希望者が通過した場合には、不動産会社は契約書を作成したりと契約の準備に取り掛かることとなります。

1-3、売買契約を締結する

不動産会社が契約の準備ができると、「○月○日に○○で契約を行いましょう」と連絡が入ります。購入希望者との都合を合わせた上で、不動産会社などで売買契約を締結することとなります。

1-4、引き渡しの準備を行う

契約書には引き渡し日が記載されています。引き渡し日は契約から約1ヶ月後位となることが多いです。そのため、契約が締結されると、すぐに引き渡しの準備に取り掛かる必要があります。

また、この期間中に購入希望者の住宅ローンの本審査が行われます。本審査に通過した場合には、購入希望者と銀行との間で住宅ローンの契約が締結されます。

しかし、本審査に通過できなかった場合には、売買契約が無効となってしまいます。そのため、新しい購入希望者を探すことから再度始める必要があります。

1-5、決済を行う

無事に購入希望者と銀行の住宅ローンの契約が締結され、引き渡し日を迎えると銀行で決済を行うこととなります。

この時に始めて、あなたはマンションの売却金額を手に入れることができるのです。また、同時にマンションの鍵を購入希望者に渡して、マンションの売買に関する全ての手続きが完了します。

2、不動産会社のマンションの買取

通常のマンションの売却の手続きを踏んだ場合には、「1、売却の申し込みから売却金額が手に入るまでの流れ」の手続きの流れとなり、約3ヶ月程度かかることとなります。

しかし、すぐにでもマンションを売却し、売却金額を手にしたいという人もいるはずです。このような場合にはどうすればよいのでしょうか?

すぐにマンションを売却する方法としては、不動産会社にマンションを売却するという方法があります。不動産会社が買主となるために、時間をかけることなく売却することができるのです。

この方法で売却を行う場合には、注意すべき点があります。それは、マンションの売却金額が相場より安くなってしまうということです。

不動産会社を金券ショップと考えてもらうとよいでしょう。マンションという金券を安く仕入れ、相場の価格で転売するのです。

そのため、スピード重視であればおすすめできますが、相場どおりの金額でマンションを売却したい人には向かない売却方法となります。

3、不動産一括査定を利用した売却

少しでも早期のマンションの売却を希望する場合には不動産一括査定を利用した売却もあります。

3-1、不動産一括査定を利用する前の準備

不動産一括査定では、売却したいマンションの情報をインターネットで入力します。そのため、事前に以下の情報について調べておくようにしましょう。

  • マンションの住所
  • マンションの築年数
  • マンションの平米数

3-2、情報を入力し送信する

マンションの情報について調べることができたならば、不動産一括査定のサイトで情報を入力します。入力が必要となる情報は以下のとおりです。

  • マンションの情報
  • あなたの情報
  • 査定を依頼したい不動産会社の選択

入力後は、選択した不動産会社へ情報が一括送信されます。ここまでの情報入力は、約10分程度で行うことができるでしょう。インターネットで査定の依頼ができるため、不動産会社をわざわざ訪れて、一からマンションの情報を説明する時間を省くことができます。

また、査定額の連絡も街の不動産会社に比べれば早いです。早ければ当日に連絡が入ります。あとは、「1、売却の申し込みから売却金額が手に入るまでの流れ」の手続きの流れと同じです。

4、不動産一括査定をおすすめしたい人

早期売却を希望される人以外にも、不動産一括査定を利用した売却をおすすめしたい人がいます。

4-1、営業されることが苦手な人

まずは、マンションがだいたいいくらくらいで売却できるか知りたいという人は多いでしょう。しかし、街の不動産会社へ査定を依頼すると、しつこい営業をされるのではないかと不安に感じてマンションの売却の査定を踏み止まっている人もいるはずです。

このような人にも不動産一括査定を利用した査定がおすすめできます。なぜならば、不動産一括査定ではしつこい営業を行うような不動産会社が提携できなくなっているためです。

もし、しつこい営業を不動産会社が行なっていると悪徳な不動産会社と見なされ、不動産一括査定側から提携を解消されてしまうのです。そのため、不動産一括査定と提携している不動産会社はしつこい営業を行わないのです。

4-2、高い金額でマンションを売却したい人

マンションを売却する際に高い金額で売却したいならば、複数の不動産会社から査定を取る必要があります。
なぜならば、マンションの査定額は不動産会社によって異なるからです。

インターネットオークションを利用すると、相場より高く売却することができますよね?これは、多くの人に商品を見てもらえ、絶対にこの商品が欲しいと思う人に巡り会うことができるために高く売却できるのです。

マンションの場合にも同じです。多くの不動産会社にマンションを査定してもらうことにより、絶対にあなたのマンションを売りたいという不動産会社に巡り会うことができます。そのような不動産会社であれば、相場より高い査定額を付けてもらうことができるでしょう。

4-3、居住地から離れたマンションを売却したい人

相続や転勤などによって、現在の居住地から離れたマンションの売却を行う場合もあります。このような場合には、売却を行うマンションの地元も不動産会社に売却を依頼する必要があります。

北海道に居住しているにも関わらず、沖縄のマンションについて広告を見てもあまり興味は持たれないでしょう。そのため、地元の不動産会社に販売活動を行なってもらわなければならないのです。

しかし、北海道からわざわざマンションの売却のために、沖縄の不動産会社を訪問するのは手間がかかってしまいます。そのため、不動産一括査定を利用した売却をおすすめします。

不動産一括査定では、全国の不動産会社と提携しています。そのため、北海道に居住していてもわざわざ沖縄を訪れる必要がなく、沖縄のマンションを売却することができるのです。

マンション売却の流れのまとめ

マンションの売却を始めてから、売却金額が手元に入るまで約3ヶ月程度かかります。そのため、すぐに手元に売却金額が欲しい場合には、不動産会社に買い取ってもらうという方法もあります。

しかし、マンションの売却金額が相場より低くなってしまう点に注意が必要です。そのため、もし相場どおりの金額で、できるだけ早くマンションの売却を行いたい場合には不動産一括査定を利用すると良いでしょう。

その他にも以下の条件に該当する人は不動産一括査定を検討してみて欲しいです。

  • 営業が苦手な人
  • 高い金額でマンションを売却したい人
  • 居住地から離れたマンションを売却したい人

不動産一括査定は様々なサイトがあります。まずは、インターネットで「不動産一括査定」と検索してみて下さい。