10名にアンケートを実施したところ、相続を検討している方が7名、売却を検討している方が3名という結果となりました。

それぞれどのようなお考えを持っているのか、インタビューした結果を掲載しておりますのでぜひ参考にしてください。

【1人目】相続を検討している50代女性

1. マイホームを買ってよかったと思ったことを教えてください

現在、50代後半の主婦です。

マイホームを購入した経験から良かったことは、安住できる「住処」を持つことにより精神的に安定します。

現状では所得が高くても保証人がいても、高齢者の一人暮らしの場合賃貸物件に住むことはかなりハードルが高い状況となっていますし、安定した住居を持っている現状の精神的安定と、老後を考えた際にとどまる場所があることと、転居する場合でも資産として価値があればその物件(土地)を貸して運用するなど、収入の見込みも考えることができます。

また、核家族化が加速して親類や近所の係わる人たちが減って、相談できる人や頼れる人が少なくなってきているので、孤独と向き合うことになったとしても、大小にかかわらず自分の安住できる場所を確保していることは高齢化が進む中で、大変重要だと思われます。

一日24時間のうち三分の一は寝ているのです。その寝床が経済的にも精神的にも安心して休めないような場所では高齢者にとってかなりの精神的苦痛→ストレスになると思います。

若く元気な時は、そんなこと考えもしませんでしたが、50歳を超えたときにそういう現状を痛感しました。現状マイホームがあることにより安らぎを感じることが出来るのは幸せだと思っています。

2. 今になって考えるようになった、マイホームに関する悩み事を教えてください

購入する際のライフプランと、数年経過したライフプランはかなり違いが出来てきます。本当に人生なにがあるかわかりません。

また、良い場所を思って購入したマイホームの周りの環境が変わってしまったり、とんでもない物が建ってしまったり。最近ではソーラーパネルを付ける家も増えたので、その光が当たったり。数えたらきりがないほど立地環境が数年で変わっていきます。

また、家族で住む予定で広い間取りの家を建てても、結局転勤や別居など仲の良い家族でも様々な要因で一緒に住めなくなったりもします。高齢者には大きな家は必要ありまんし。

そんな内外の想定できない環境にも対応できるところを探しておけばよかったかと・・考えます。購入するときは、「売って他の物件に住み替えればよい」と考えていましたが、購入したマイホームの価格が通常かなり下がり希望価格で売れることはめったにないと思います。

そのため、希望するようなところへの住み替えはそうそう簡単にはうまくいかないです。また、景気により不動産価値は動きますが、こちらはどんどん上がっている印象があります。

売るものの価値が減って、買いたいものの価値が上がったときを想定して購入しましたが、ほかにも良い選択がなかったのか・・と今更ですが考えます。

3. 将来的にマイホームを売却する予定ですか?それとも相続をされる予定ですか?

相続の方向で検討している

4. その理由を詳しく教えてください。

まだ具体的には考えれられないので、とりあえず売ることは考えていません。

誰かが住んでくれるかとは思っていることもあります。遠い親類が住むかもしれませんし、まだ自分も現在の住居を手放す考えがありません。

現在住んでいる場所は駅に近く、高齢になっても買い物などに出かける際にも駅に近いことは大変助かることです。また近くに大小含めて病院もあり、かかりつけの病院もあります。

すでに生活に必要な病院や公的機関、買い物する場所などが徒歩圏内にあるので、売却というより出来る限りこの家に住んでいようと思っている状況です。

しばらくはこの状況が変わるようなことはないかと思いますが。先のことはわかりませんが「売却」が考えていません。

 

【2人目】売却を検討している60代男性

1. マイホームを買ってよかったと思ったことを教えてください

高齢にして子供が生まれたこともあり自宅を購入しました。

その理由の一つは私も妻も長距離通勤をしていたので、仕事終わりとお迎えがいつも綱渡りで、少しでも仕事が長引いたり電車が遅れたりすると延長保育時間すれすれになってしまうことも多々あったので、お互いの勤務地の中間地点に住むことにしました。

それならば身軽に賃貸にすればよかったのかもしれませんが、子供がこれから大きくなるに従って次第に転居は難しくなっていくことが予想できたので、思い切って戸建て購入に踏み切りました。

二人ともフルタイム勤務だと公営住宅への入居も公的な家賃補助も受けられる見込みが薄く、毎月の家賃支払いよりもローン支払額の方が低かったことも理由です。

子供を中心に考えて引っ越してみると、まず保育園でも分譲住宅がほとんどの地域だと子供の転園が少ないので友達とも長い付き合いができて、このまま小学校、中学校まで続きそうな友達が多くできてよかったと思っています。

ご近所のみなさんにも子供を可愛がっていただけるので、自宅周辺で子供を遊ばせていても、見知らぬ人がいると目立つような地域なので安心して送り出すことができます。

人間関係がうまくいけば賃貸よりも購入の方が落ち着いた暮らしができると思います。

2. 今になって考えるようになった、マイホームに関する悩み事を教えてください

夫婦二人が40代になってからローンを組んだのでまともに支払いを続けると75歳までかかってしまいます。

それまでにもし健康を害するようなことがあれば住居を失ってしまうのでそこが一番不安を感じています。二人共がリタイアして子供が独立した段階で手放すつもりでいましたが、これか重苦需要が減少すると言われているので、ローン残高と売却額が釣り合うのかどうかも不安です。

今後は子供のために家を残したとしても、逆にそれが重荷になってしまって子供の負担が増えてしまうのではないだろうか、などと考えると高齢になればなるほど身軽な賃貸のほうがよかったのかな?と後悔することもあります。

また、毎月のローン支払い以外に今後は家が傷んでくることも想定しておかなければならないので、維持費がかさんでいくことにも備えておかなかれば、と不安がどんどんかさんでいきます。

特にマンションなら毎月修繕積立金を払っていて、管理組合でしっかり長期的な資金計画を立ててもらえますが、戸建てはすべて自前なので今のうちから工務店に相談したり、積み立てをしたりして一応の対応はしていますが、こればっかりは見込みと現実に開きがありそうなので、住み続けるに従って悩みが増えます。

3. 将来的にマイホームを売却する予定ですか?それとも相続をされる予定ですか?

売却の方向で検討している

4. その理由を詳しく教えてください。

子供に負担をかけたくないので、夫婦二人共がリタイアした段階で適度な有料老人ホームに入りたいと考えているからです。

今後はよほどの邸宅でなければ子供に相続させても邪魔に思われるだけだと思っていて、空き家にして置いておくよりも適当な値段で売却して、老人ホームの入居費に充てたほうが現実的だと考えています。

また、老後身体が不自由になってきたときにも、戸建てだとバリアフリー住宅へのリフォーム費用がかなり必要になってくることが予想できるので、それならあまりお金をかけないうちに売却した方が経済的なのではとも考えたからです。

何よりも老後は楽に生活したいので、至れり尽くせりの老人ホームでゆっくりしたいというのが本音です。

 

【3人目】相続を検討している

1. マイホームを買ってよかったと思ったことを教えてください

長いローンを考えると、家計の苦しい時代もありましたが、子どもたちには、ずっと今の住居で生活しているので、やはり一つの故郷として生まれ育った町として、地域に馴染んで生活出来ました。

小学校はもとより、中学なども近所には友人も沢山いるので、子どもが小さい内に購入して良かったと思います。長女が3歳で長男は購入後に出産しました。

又、売却するつもりはありませんが、本当に生活に困った時には、売却すれば、少しは暮らしの足しになるかもしれないという安心感はローン支払時期が半分位過ぎてから思うようになりました。

いわゆる一つの財産として、貯蓄はなくとも土地はあるという考えもありました。又、きちんと住宅ローンを滞りなく払っていると、学資ローンなどの申請には、やはり持家が賃貸かでは、審査基準としては、持ち家の方が高くなったようです。

この場所に根付いて生活していくという意識も高いので、徒歩でもいける距離にはお墓も購入しました。

転勤などが多い方にはなかなかマイホームといっても、家族全員で暮らせるというのは難しいかもしれませんが、お子さんがいる方は、理想はやはり親の都合で仕方ない場合はあるでしょうが、転校などはなるべくしない方がいいのかもしれません。

勿論、転校する事がお子様の為にならないといっている訳でなく、単身赴任などとなれば、余計に生活費もかかりますし、家族はなるべく一緒に生活した方がいいという意味です。

2. 今になって考えるようになった、マイホームに関する悩み事を教えてください

財産といえば、不動産の今の持家だけで、子どもは二人となると、いずれ私たちが死んだあとは、子どもたちが相続するとなっても、家を半分にする訳にもいかず、かと言って現金を多く残す事も出来ないとなると、どうやって相続してもらうかは悩みです。

後は、今まで支払ってきた固定資産税も年額で何十年も払ってきたのですが、結構な金額となります。

持家ならでは悩みで、家も維持費としては相当な金額がかかっています。子どもたちも、いずれ相続した子が今度は継ぐ意志があるかも微妙です。

今の子どもたちは、自分たちが将来年金は貰えないと考えている子が非常に多いです。

我が子も例にもれず、現金を持っていないと生活がきっと出来なくなるとも言っています。そうなると、今の家を売却して、現金にする可能性だってあります。

私たち夫婦が、死んでしまった後にはある意味どうしようと自由なのかもしれませんが、せっかく苦労して手に入れてやっとローンも払い終わった家を、簡単に売却してしまうのは、悩みというより、やはり寂しさを感じます。

又、兄弟で今は互いに独身ですが、家庭を持った場合などもたった一つの不動産に対して、争いが起きなければという思いもあります。

3. 将来的にマイホームを売却する予定ですか?それとも相続をされる予定ですか?

相続の方向で検討している

4. その理由を詳しく教えてください。

上記でだいたいは答えてしまっているのですが、やはり苦労して手に入れた不動産を簡単には手放したくありません

継ぐ者がいるのなら、家を修繕しながらも、代々と受け継いで住んで欲しいという思いはあります。売却は万が一の事を考えて全く頭にない訳ではありません。

独身の子どもたちが互いに伴侶を持った場合には、どういう争いが起きてくるかは想像がつきません。
それならいっそのこと後腐れなく、現金にして平等に半分にすればいいと思う事もあるのですが、
私たちの老後生活はこれから始まります。

今はまだまだ元気ですが、どのように身体の変化が起きるかわかりません。

もしかしたら、老後の生活に莫大な費用がかかる場合もあると思うと、相続の前に私たち自身で売却して現金化しなければならない事態もありえますが、先の事はわかりませんので、希望は相続の方向としています。

5. 最後に一言

ローンは短い方がいいに決まっていますが、人生の中で最も高額な買物であるであろう住宅購入は、短いローンは到底一般のサラリーマンには、無理です。

但し、長い人生で何が起こるかわかりません。

安定した会社に勤務していたとしても、このご時世はどう変化していくか全くわかりません。

但し、無理をしないローンで購入可能でしたら、若い内にマイホームは手に入れるべきです。

私たちは、主人が38歳のときにローンを組みましたが、子どもが年齢的にまだまだ小さかったので、住宅ローンと学費などが重なった時は非常ににきつい思いをしました。

金利的にもかなり高く、昔の金融公庫からの借入の利子は4.5%です。

今後、こんなに利子が上がる事はまずないとは思いますが、住宅購入への利子はずっと低金利で、
買い時が続いています。

アベノミクスがどうのこうのと言って消費税を10%にすると言いながらも、まだそこには至っていませんが、10%に上がるのも近いと思います。

大きな頭金は必要はありませんが、やはり若干の頭金と月々のローンシュミレーションで、今の家賃よりも安くなる場合なら購入すべきだと思います。

そして、決してボーナス払いを多くすべきではありません。いえ、どちらかといえば均等払いを選ぶことをお勧めします。

長い人生何があるかわかりませんので、景気に左右されるボーナスは当てにしない事です。

 

【4人目】相続を検討している

1. マイホームを買ってよかったと思ったことを教えてください

マイホームを建てるということの決断は、当時、住んでいたマンションの立地条件が非常に悪くなりました。

そのマンショの南側に別のマンションが建ちました。子どもが1歳と4歳でした。日光が大切だと感じていた私たち夫婦にはこれが大きなきっかけになりました。

そこで金銭的な工面について考えました。マンションの家賃その他の月額が、家を建てた場合のローンと比較するとほぼ近い金額でした。

マンションの家賃はなにも残らない出費ということがさらにことが進めることになりました。そんなこんなことが力になりマイホーム購入となりました。

前述の通り、家賃が家のローンに回っただけでなにも金銭面では困りません。しかもローンは払った分だけ減っていき最終は自分の財産として残っていきます。

子どもたちにとっても日の当たるおうちになっています。家族だけが住む建物なので上下や左右のお部屋に気を遣わずにのびのびと生活できています。

私たち夫婦も大きな声を上げて喧嘩もできます。日々の暮らしはかなりの気遣いが減っています

長い目で見てそして老後の暮らしの面でも家賃を払わなくても良い分だけ経済的にも助かります。

こうして書いていく内に一番良かったと思えることは金銭面の無駄が無いことが良かったことの一番です。

2. 今になって考えるようになった、マイホームに関する悩み事を教えてください

マイホームは維持管理をしていかなければならないことが大きいことだと感じています。

壁の塗り替え、トイレや風呂の修繕等々です。家は、維持を自分でしなければ行けませんよね。これらのことは私たちが建てた建築会社が倒産してしまい、修繕等の相談をするところがなくなりました。知らない会社に相談することも不安です。

かといって、知り合いにもこの手の仕事をしている友人・知人もなくこれが今の悩みの種です。かなりしっかりした会社で買うこと!ここがポイントです。今更ながら分かりました。

うちは舅の知人の会社だったのです。舅がそこで建てる(買う)と命令?譲らなかったのでそうなりましたが。今から思えばそこも大きな問題点になっています。強い気持ちで自分たち夫婦が本当に納得した会社にしておけば良かったと痛感しています。

もう一つは固定資産税の件です。良い面で家賃がローンと相殺だったのですが、税金が発生しています。建物は年々評価が低くなるので良いですが。土地の分はあまり変わっていません。そんなに高い税金でも無いですが、マンションだとこれはないです。

わかりきっていたのですが。これからも家賃を払う代わりに固定資産税を払って行くのです。国民として当たり前の義務です。家賃を払うより安いですから払って行きます。

3. 将来的にマイホームを売却する予定ですか?それとも相続をされる予定ですか?

相続の方向で検討している

4. その理由を詳しく教えてください。

相続の方向で考えています。土地はこれからも子孫についでいってほしいというのが古い私たちの考えです。

私たちが、頑張って払い続けて、手に入れたものです。生きていた証で子孫に残せる数少ない(一つだけかも)形です。

たとえ相続してこの先、子孫がこれを売却しても不満もありません。土地は残したいです。ただ心配なのが相続税のことです。ここでそれまで書くのかはちょっと疑問ですが。

こちらもしっかり調べて相続の時に受ける子孫が税金が大変で困るというのも申し訳ないと思います。よく調べて相続税分の現金も置いておかなければならないのでしょうね。

最終的にまだまだ相続するまでに時間がたっぷりあります。子孫に喜んでもらえる形で相続してもらえるように調査します。

5. 最後に

20代~30代の方はこれからの長い未来、そしてどうなるか分からない世情をしっかりと考えて決断してください。

そこでマイホームを買うとなったら、いろいろなショールーム、いろいろな会社、を見て回り、相談してください。長い人生でこんなことで悩むなんてやこんなことで困るなんてという後悔が出てこないようにしてください。

いろいろ見過ぎて決断ができにくくなるということも出てくると思います。そういうときはそこで買った人に気になることを聞く。本当にそうなのか複数のひとに聴いてみることも良いことだと思います。場所的なこともあります。

買う土地、場所柄も朝・昼・夜一日で時間を変えてどんな様子かも自分で見て判断してください。昼はこんな景色なのに、夜になると違ったということがあります。

住んでいる内にそれがたまらなく嫌になりつらくなるということもあります。周りに住んでいるひとの様子を知ることも大事です。

ご近所様との関係も住むという意味ではとても大きな要因です。近所の方は住んでいる間に嫌がおうでもおつきあいしていかなければなりません。

昨今、ニュースでもよく見聞きしますが、ご近所さまのトラブルが原因で多くな問題を起こすこともあります。マイホームを買うときには慎重にしてください。人生の中でも、大きな買い物です。

 

【5人目】相続で検討している

1. マイホームを買ってよかったと思ったことを教えてください

子供が2人になり長男が小学校に入学する時に一戸建て住宅を購入しました。最初は社宅扱いで賃貸住宅も考えたのですが、古い土地での小学校に誰も友達がいない状態で一人入学するのはかわいそうだと思っていました。

このため、新たに開発される分譲地を探していました。入学する年の1月になって候補地が決まり、状況を調べに行きました。

小学校も新設され4月に開校することがわかりました。これならば我が子も他の子供達と全く同じ条件になります。土地売りと建売があったので土地を申し込みましたが、抽選ではずれてしまいました。

そこで建売住宅を申し込んだら当選しました。住宅街は建築中で入居した時はスーパーが1件あるだけでした。

しかし、土地の平均が60坪なので比較的ゆったりとした街でした。間取りも4LDKで子供にも個室を用意でき寝室以外に予備の部屋も確保できました。

庭もあり家庭園芸もできるようになりました。隣家とも庭を隔てているのでプライバシーもマンションよりも良くなりました。

子供達がリビングで走り回ることがあってもマンションのように階下の人への気兼ねも必要なくなりました。家の出入りなども含めて自分達の生活が実現できたように感じました。

2. 今になって考えるようになった、マイホームに関する悩み事を教えてください

現在の家に住んで20年以上が経過しました。地域の高齢化も進んできましたので、町の雰囲気が少しづつ変化しています。

特に、若い世代の方が引っ越してきてくれないことで商店街も寂しくなり始めています。

確かに、マンション時代に比べて自分のやりたいことができて生活の自由度と満足度は良くなりました。しかし、最寄りの駅から少し遠いので若い時には気にならなかった買い物などの不便さが強くなってきました。

築年数が多くなると家を建て替える方も多くなります。建売住宅でしたので入居した時に街並みが出来上がっていたのですが、建て替えによりかなり雰囲気が変わってしまいます。

日当たりも変わってしまうこともあります。住民も入れ替わることもありますから人間関係も変化してしまいます。また、空き家も多くなり防犯上の問題も多くなることもあります。リホームなどの資金も計画的に積み立てておかないと大変です。

一戸建てを購入する時は、地盤の強固さ、日当たり、買い物などはチェックしていたのですが、時間の経過により気がついたら陸の孤島になってしまうこともあります。

地元に仕事が沢山ある土地であれば過疎化も防げる可能性が高いので、個人としての生活環境だけでなく地域のことについても考慮しておけば良かったと思っています。

3. 将来的にマイホームを売却する予定ですか?それとも相続をされる予定ですか?

相続の方向で検討している

4. その理由を詳しく教えてください。

基本的には2人の子供のどちらかに分割しないで相続してもらうつもりです。売却する方が簡単かもしれませんが、子供達はこの家で育っているので何とか故郷を作ってやりたいと思います。

自分が育った土地を忘れないように庭には誕生記念樹を植えてあります。子供達も仕事の関係で他の土地に移ることもあるかもしれませんが、その時にどうするかは子供が判断すればよいと思っています。

その場合でも誕生した翌年に挿し木で増やして鉢で育てている誕生記念樹が一緒であれば心の中に故郷は残ると思いますし、その木を育てた親の気持ちもわかってくれるのではないかと期待しています。

現代社会では生まれ故郷という感覚が失われつつあると感じていますが、夫婦ともに生まれ故郷を離れた人間としては子供達に同じ思いをさせないために相続するつもりでいます。

 

【6人目】売却を検討している

1. マイホームを買ってよかったと思ったことを教えてください

28歳でマンションを購入しました。

結婚して2年目のことで長男が1歳になっていました。それまでは2LDKの賃貸アパートで生活していました。

大きな不満はなかったのですが部屋も狭く近所に子供をゆっくり遊ばせられる公園がなかったので、引っ越しを考え始めていました。そんな時に分譲マンションが販売されることを新聞の折り込みチラシで見つけました。

早速現地のモデルルームを見学に行きました。間取りは3LDKですがリビングが広いのが魅力でした。お風呂も広くて収納スペースも十分でした。

子供をリビングで歩かせてみましたが足音も気になることはありませんでした。隣家と接している壁も叩いてみました。トイレの排水音は確認できませんでしたが、リビングや和室から離れているので問題ないと推測しました。周辺を歩いて商店街や公園なども見て回り、申し込むことにしました。

補欠当選でしたが入居できました。リビングが広いので子供も走り回っての遊びも出来るようになりました。公園も広くてボール遊びも出来まるようになりました。

商店街も充実して日常の買い物も便利になりました。最寄りの駅までがバスなのが難点ですが10分ほどで通勤には不自由を感じません。借家ではないので、自由に部屋を使えるのが良いと思っています。

2. 今になって考えるようになった、マイホームに関する悩み事を教えてください

マンションですので修繕費を毎月積み立てています。住宅ローンの支払いを考えると修繕費などはできるだけ安い方が良いと思っていました。

しかし、先輩の話を聞くと共同住宅で外壁などの補修をすると想像以上の費用となり、積立金だけで賄えることはないのではないかと思うようになりました。

実際に修繕するのはかなり将来のことだとは思いますが、その時になって自分だけが追加資金がないということにならないか心配になりました。

独自に積み立てておかないといけないのかと思い、近所の方に話をしました。本当かどうかはわかりませんが修繕のために独自に積み立てているという人は少ないのですが、生活のために貯金をしている人は多いことがわかりました。

自分の家を購入する時には住宅ローンのことばかり考えていました。子供の教育費、家電製品の買い替えや車の買い替えなど資金はいくらあっても良いのが実情です。家族の思わぬ病気やケガなども気になります。

購入する時には間取りや日当たりなどを中心に考えましたが、それ以外にも建物の立っている土地の状況なども調べたほうが良いこともわかりました。

もう少し将来設計をしっかり考えて住宅購入をすればよかったと思うようになりました。

3. 将来的にマイホームを売却する予定ですか?それとも相続をされる予定ですか?

売却の方向で検討している

4. その理由を詳しく教えてください。

サラリーマンなので転勤の可能性がありますので、マンションを購入した時からいつかは売却するつもりでした。

実際に転勤や会社の移転などで転居されている方も多くなってきました。

また、子供の成長や2人目の子供のことを考えると部屋数も3LDKでは少なく、子供2人なら4LDKは必要になります。

マンションはワンフロアー、バリアフリーで過ごしやすいのですが庭がありません。いつかは家庭菜園の自分の庭でやりたいと思っています。さらに子供が地元で就職すると決まっていません。

高齢になって交通や買い物の便利な所にマンションを購入された方は相続を考えられるかもしれませんが、子育て世代の人間としては前記のような理由で売却を考えています。

 

【7人目】相続を検討している

1. マイホームを買ってよかったと思ったことを教えてください

憧れのマイホーム、やはり自分の好きな家に住むって素敵です。

うちは集合住宅ではないため、下の階に迷惑…なんてことも考えることなく生活できています。子供が小さいので「うるさくて迷惑だから静かにしなさい!!」を言わなくていいのは私にとってかなりのストレス軽減です。

集合住宅に住んでいる頃は、いつも「うるさいから静かにしなさい!夜の9時以降はジャンプはだめ!」と、よく怒鳴っていました。

そしてとなりの家との間にお庭とバルコニーもあるため、花火やバーベキューそして趣味程度に小さな畑を作ったりして楽しんでいます。収穫するときの喜びはひとしおです。

中古の物件を購入したのですが、気に入った点はウォークインクローゼットが1階と2階にそれぞれ1つずつあり、収納がかなり多いことです。部屋の中にものをあまり置きたくないため、収納が多いということは私が家を探す条件で必須でした。

ものを部屋の中に置かないことで見た目もスッキリするのはもちろん毎日の掃除が楽になります。まだ引っ越して日が浅いため収納スペースにも余裕があり、これから増えてくる物をしまう場所にとりあえずは困らないかなと思っています。

今は開いている収納スペースで子どもたちが遊んでいます。

2. 今になって考えるようになった、マイホームに関する悩み事を教えてください

歩いていける範囲にスーパーがないため毎回車を使用しての買い物になると思います。まだ先の話ですが、年をとり運転ができなくなったときに生活できるのかと少し不安です。

引っ越す前からこの懸念はありましたが、どこの地域に引っ越しても同じような問題はあると、しょうがないと言う気持ちで引っ越しました。

スーパーなんて潰れたりすることもあるだろうし。新しくオープンするかもしれない。水の問題ですが私の家の水は井戸水です。この集合住宅自体は新しいものなんですが水道が引かれてないため、集合住宅を作る際に井戸を掘ったと聞きました。

飲料水にもできるそうなのですが、蛇口をひねって出て来る水になんとなく抵抗があるためスーパーの水を購入しています。

飲水としてはその対応で問題ないかなと思っています。洗濯物に関しては井戸水だと白地のものが黄ばんでしまうのではないかと心配しています。

学生の頃の友人の家が井戸水で、あの白い体操服が黄ばんでいたのでそのイメージが強いのです。

不動産の方が調べてくれたときには、近所の家で洗濯物か黄ばむなどということは今のところないよとのことです。

でもとりあえずは服を購入する際は真っ白のものはあまり買わないようにしています。

3. 将来的にマイホームを売却する予定ですか?それとも相続をされる予定ですか?

相続の方向で検討している

4. その理由を詳しく教えてください。

娘が二人いるのですが、お嫁に行っても行かなくてもどちらかに相続してほしいと思っています。

せっかく手に入れた土地ですのでぜひ受け継いでもらいたいです。新しい家ですし、私達も年ではないのでまだまだ自分がこの家で楽しむぞーという気持ちが強いのですが将来的にはそういった問題も出てきますね。

もし、受け継いた際には、今の家が気に入らない場合はリフォームまたは建て替えなどしてもらって全く問題ありません。

そうすることによって住んでくれるのならありがたいです。ただ本人たちがいらないといった場合に、私達が年をとり家で生活することが難しくなったらもしかしたら売却することもあるかもしれません。

そのときは人の住まない家は劣化が早いというので新しい方にお譲りするかもしれません。

 

【8人目】相続を検討している

1. マイホームを買ってよかったと思ったことを教えてください

何よりも人並みにマイホームを持てた満足感が一番大きい様に思います。

勿論、虚栄心や見栄でマイホームを求めた訳では無いのですが、心の何処かではやはり社会的に一人前になったんだという気持ちが有る事は否めないです。

特に妻の嬉しそうな様子を見ると、多少無理はしましたが買って間違いではなかったと思えます。この感覚はもしかしたら今の若い人には無い、モノを所有する事で優越感を持つ、高度成長時代に育った世代の考え方なのかもしれません。

いずれにせよ、私が満足を感じているのは確かなのでそれで良いのだと思います。

そんな満足感が何故大切に思えるのか自分でも良く理解出来ている訳ではないのですが、日々生活している中で何か張りがあるのです。

大袈裟ですが力が湧いて来ると言うのか、ウキウキした気持ちになると言うのか、仕事など毎日の実生活では嫌な事苦しい事が沢山有る中でも、マイホームに帰ると心底ほっとして癒され、元気が湧いて来るのです。

この源がマイホームを獲得した事の満足感の様な気がするのです。子供達が独立した夫婦二人の生活なのですが、そんな気持ちは妻にも有る様なので毎日の生活を楽しくて暮らせています。

マイホームを自分の手に入れた満足感が明るい家庭を作って呉れているのだと思っています。

2. 今になって考えるようになった、マイホームに関する悩み事を教えてください

少々悩んでいるのはローンの完済時期です。

買った年齢が少し遅かったので、相当高齢になるまでローンが有る状態です。今の所はまだ働けるだけの体力と気力が有りますが、ここ10年間を振り返って見ると随分をこれらが低下して来ている事が分かります。この先10年以降どれだけ体力気力が持つのか不安で、自分自身に自信が有りません。

ローンを組んだ時には、少しづつ別に貯金をして定期的に繰り上げ返済をすれば良いと考えていたのですが、リーマンショックなど経済的な外部要因と自分の努力不足が相まって思う様に貯蓄出来ず、繰り上げ返済はやらないままに今まで来てしまいました。

妻は楽天家なので、「二人で働けるだけ働いて、後は年金もあるから徹底して耐久生活をすれば何とかなるんじゃないかな」と気楽に言って呉れるので、私も悩むと言う程には深刻に考えている訳ではありませんが。

もう一つの悩みは、マンション理事会の役です。順番に約10年に一度回ってくるのですが、こういう役の大の苦手な私にとってはかなりの苦痛です。

まだ1回目をしただけですが、その時は妻が出て呉れて会計をやっていました。次は私が出る様に妻から宣言されているのですが、男がやると大体理事長になってしまうのです。

責任重いですし、住人は文字通り十人十色で意見百出。問題も百出で難しい様です。考えると気が重くなってしまいます。

3. 将来的にマイホームを売却する予定ですか?それとも相続をされる予定ですか?

相続の方向で検討している

4. その理由を詳しく教えてください。

7億円の宝くじでも当たらない限りここが終の棲み家なので、私達が生きている間にここを手放す事はまず無いと思っています。

そうすると息子たちに相続となるので一応相続と答えておきますが、息子たちもそれぞれ家庭を持って各々の生活基盤で生活していますから、今更この小さなマンションを相続と言っても扱いに困るだけだと思うのです。

だからと言って私たちが生きている内に売却も出来ませんから相続という事にしましたが、可能性としては、私と妻のどちらか生き残った方がヨイヨイになって息子に引き取られ、マンションは売却となる事もあるかもしれません。

質問に明確に答えらえなくて申し訳ありませんが、正直そんな先の事は全く考えていませんし、考えてもちょっと私には手に余る質問でした。

5. 最後に

やはりマイホーム獲得というと、長期ローンの問題でしょう。長期の返済になるので、そんな長期の見込みなんか判らないと思う方も多いかと思います。

勿論、無理無茶や楽観的に過ぎる返済計画は絶対避けなけらばなりませんが、そうかと言って慎重になり過ぎるとマイホームなんてなかなか買えないです。

十分計画と見込みを検討した上で、最終的には「エイヤ!」で決めないと先に進まないと思います。

「慎重に且つ大胆に」が秘訣ですが、実際色々な事を考えている現場ではこれがまた難しいのです。何だか無責任なアドバイスになってしまってすみません。

もう一つ、購入に当たっては当然あちこちのマンションショールームや住宅展示場に見学に行かれると思います。この時がものすごく楽しい時です。

ワクワク、ドキドキとある種の異常な興奮状態になります。しかしこんな時には正常な判断が鈍ってしまいます。雰囲気に流されるというヤツです。これには十分気を付けて下さい。

その上マンションや建売住宅の場合、何戸かから好きな物件を選ぶのですが、これは基本早いもの勝です。どれにしようか迷っている内に先を越されるかもと言う焦りも加わると、益々失敗の可能性が高まります。

申し訳ありませんが、ここでも「慎重に且つ大胆に」と言う無責任なアドバイスを挙げておきます。

 

【9人目】売却で検討している

1. マイホームを買ってよかったと思ったことを教えてください

12年前に現在のマイホームを購入しました。4LDKの二階建てです。少し郊外ということもあり価格は手頃で庭が広めという点に惹かれてのことでした。

それまでは賃貸のアパートやマンション住まいでしたので、自分の家を持ったということに充実感・満足感を感じました。

入居する前に子供部屋の壁紙を子供達に自由に選んでもらったり、敷地のフェンスを選んだりという肯定がとても夢のようで楽しかったことを覚えています。

カーテンはどんな物にするかとか、絨毯はこんなものがいいとか、お店を見て歩くのも楽しかったです。

誰にも遠慮なく自分たちの好みや希望で家の中や庭をコーディネートできることは魅力的です。それまでずっと夢だった犬を飼うということも実現できました。

庭に犬用のスペースを作り、大工さんに屋根や柵などを作ってもらいました。庭に沢山洗濯物が干せることも嬉しいことの一つでした。

庭があるのでやはりガーデニングにも興味が湧いてくるもので、プランターを幾つも買って花を植えて育てたり、野菜の苗を植えて収穫を楽しみに待ったりということもできました。

又、子供が小さなころは夏になると庭で花火をしたり、ちょっとしたバーベキューもすることができて屋外での楽しみかたもできました。

2. 今になって考えるようになった、マイホームに関する悩み事を教えてください

建物に関しては、年数はあっという間に経つもので老朽化が目立ってきたことで修繕の必要に追い込まれているという点が今現在の悩みです。

これまでにも、いくつもの工務店の方々が入れ替わり立ち代わり訪ねてきては家の屋根の塗り替えや外壁の塗り替えなどをすすめられました。

けれど、それには多額の費用がかかりますし、まだまだ家のローンを抱えた状態で更に修繕費のローンまでは手が回りません。

なので、保留中ですが、いずれはしなければならず悩んでいます。家の内面では壁紙のカビです。湿気が多い環境もあり、壁紙の至る所にカビができていて、かなり気になりいつか張り替えねばなりません。

その他現在までにトイレ詰まりの修理、洋式便器一式取り替え(5~6年で寿命)、外の排水溝の詰まりで業者に依頼。(時々は蓋を開けて掃除も必要とのこと)給湯器・換気扇の買い替えなど設備にもちょくちょくお金がかかります。

庭に関してはいつも草刈りや生け垣の手入れの必要があり気が抜けませんし、害虫防止用の殺虫剤などを撒いたりと手がかかります。

又、お隣の木の枝が我家の敷地にかかっていたりすれば、お願いして切ってもらわねばならずストレスも絡んできます。このように、一つ一つを維持又は改善するための費用と手間がかかることです。

3. 将来的にマイホームを売却する予定ですか?それとも相続をされる予定ですか?

売却の方向で検討している

4. その理由を詳しく教えてください。

いずれは、売却したいと思っています。子供達が独立した場合を考えた時こんな広い家は必要ないし、維持が大変。又、固定資産税というものが勿体ないといつも思うのです。

年に4回の納税は重いです。まだまだ続くローンも重いです。まして建て替えなど不可能ですからぼろ屋になる前にと思っています。

立地的に将来土地の値段は期待できないですし、家はどんどん老朽化するばかりです。これからかかる維持費を思うと二束三文まではいかないうちに手放したほうがと考えてしまいます。切が無く維持費はかかりますから。

マイホームを手に入れたで終りではないので、その先ずっとかかる労力と費用は大きな問題です。老後、その維持費が捻出できるかと考えたら賃貸のほうが良い気がするのです。

 

【最後の10人目】相続で検討している

1. マイホームを買ってよかったと思ったことを教えてください

マイホームを買ってよかったと思います。

実際、私の場合は、結婚して1年後にマイホームを購入しました。独身時代は賃貸マンションに居住していましたが、子供ができたこともあり、子育てにとってよい環境の場所を探し、念願のマイホームを手に入れました。マイホームを購入するにはタイミングが大事だと思います。

家が欲しいと考えだしてから、どんな家に住みたいか、夫婦でよく考えました。

その際、情報誌やインターネットで検索し、良さそうな物件が見つかると市場リサーチに出かけました。幸い、希望予算、土地の広さ、環境、戸建て、デザイン、間取り等に合った物件が見つかりました。なかなか希望に合う物件を探すのはたいへです。

しかし、マイホームを購入してよかったのは、隣近所の仲良くなれたこと。庭があり、駐車場もありイメージにあった雰囲気の家に住むことができ、毎日が楽しく過ごすことが出来ました。家を購入すると言う事は、一大決心が必要です。

一番は住宅ローンです。当初、頭金を入れて残金を提携する銀行ローン。この時点では、周囲の方より収入は良い方で、かなり家計に余裕がありましたが、しかし、その後、景気の悪化により会社の倒産もありました。

1年後に購入を考えていたら今のマイホームの取得はできませんでした。良いタイミングで購入できたことが一番、良かったことです。欲しいと思った時がタイミングです。チャンスを逃さないことも必要です。

2. 今になって考えるようになった、マイホームに関する悩み事を教えてください

購入後、数年経過し考えることは、住宅ローンの返済です。

当初は金利も高い時期でした。良く話では、住宅ローンの返済が出来なくなり自己破産する人がいることを耳にしました。

一つ間違えれば、私も同様な出来事が起き、家庭崩壊も覚悟しなくてはいけない状況下に置かれたかも知れません。仕事は何度か転職し、住宅ローンの借り換えも行い、なんとか支払って行ける状態となりました。

住宅ローンの返済以外では、家の手入れに、かなりのお金がかかることです。例えば、外壁、屋根のリフォーム、水回りのリフォーム、庭があので手入れがたいへんでした。

草が伸びれは切らなくてはならないし、周囲の街並みを守る為にも住宅の手入れは必要です。場所柄、学校、病院、スーパーなど子育て環境は抜群で、周囲でも人気にエリアです。

教育熱の高いエリアで、大手企業の社員(役職者)、中小企業の経営者、大学教授、弁護士、税理士などの仕業の方が多く居住されています。

そのため、家の手入れ、庭の樹木の手入れも含め、頻繁に手入れをしないと周囲に迷惑がかかってしまいます。周囲の家は、いつもきれいにしています。

家を買い、住んでみて分かることは、家の外観、庭の手入れを含め、頻繁に補修、手入れをしなければならない点です。

3. 将来的にマイホームを売却する予定ですか?それとも相続をされる予定ですか?

相続の方向で検討している

4. その理由を詳しく教えてください。

正直、どちらにするかは分かりませんが、息子に相続させるのが一番最良かと思っています。環境がよく、人気エリアです。

このエリアで土地を探している人が多くいるようです。人気エリアもあり、上物だけを建替えれば十分過ぎるくらいだと思います。街並み的には区画整理され、道幅も広く閑静な住宅街です。高層建物は建てられない住宅地域(高さは10m以下)で、希少価値のある地域だと思います。

このエリアは近くの公団から戸建てを購入して引っ越しをする方も多く、地元志向が強いエリアです。地元の学校を卒業し、結婚して戻ってくる方も多く、地元愛も強い傾向にあります。

近所との関わりも強く、息子が小さいころから、ご近所にお世話になっており、多くの方がよく知っています。

後に、生活する上では、相続させこの家と言うより、土地の上に自分のすきな上物を建てて住んで欲しい気持ちがあります。新しい家を購入するのは今後、難しい時代になると思います。

5. 最後に

私も30代前半でマイホームを購入しました。購入して良かったと思います。

大事なことは、自分たちの将来設計をきちんと計画すること。もちろん資金計画は一番重要です。資金計画には余裕が必要です。ギリギリで購入すると、思いもしなかった事でお金がかかります。

当然、子育てにはかなりの費用がかかります。毎月の収入の中で、子供にかかる費用は徐々に高まっていきます。

また、現代の世の中、収入が安定している職業の方は別ですが、民間企業に勤務していると、会社が景気に影響を受けやすく、その影響が社員に直接しわよせがあります。

その為にも、余裕を持てる資金計画が大事です。

物件を探す上で、全ての希望を満足する物件はないと思います。妥協できる箇所はどこか明確にしておきましょう。

後で、こうしておけばよヵったと後悔しないようにすることが必要です。マイホームを持つということは、正直、夢かも知れません。

ただ実際にマイホームを持つと、楽しかった夢ではなく、マイホームをより快適にする工夫、子育て、仕事など様々な要因が重なり始めます。

この時、気持ちに余裕が持てる状況を作りましょう。子育てだけでも家庭の中では、いろいろな課題が生まれます。

全てをクリアして、本当に自分達にとって良い住まいずくりをしてください。毎月、住宅ローンの返済で厳しくならないよう、事前に準備して楽しいマイホームを取得してください。